カードローンの審査を検討している方へ

カードローンの申し込みをする場合のご利用時の審査についてまとめてみます。

ポイントとなるのは、定職について収入が有る事や20歳以上で66歳未満で有る事や他社からの借り入れをしていない事が挙げられます。

また、ローンの審査が通るか不安になって複数に申し込んでいると、他社からの借り入れをしていない事の条件に引っかかってカードローンの審査に落ちた、なんて話もあります。

尚、今までに借り入れをした事が無い年配の方も審査に通らない場合が有ります。それは借り入れに問題の有る方を管理しているブラックリストの名を聞きますが、年配の方で今までに借り入れが無い方は、ブラックリストに載った者が自己破産等で記録が一度抹消されて借り入れ記録が無くなった状態と判断される場合が有るからです。

審査条件も満たしていて審査に通らない年配の方は記憶の隅にでも留めて下さい。

また、借り入れには身分証明者や収入を証明する収入証明書の提出が必要となります。消費者金融系の場合は一定額以下の場合は収入証明書の提出が必要の無い場合が有りますので、ご利用額は多めと考えずに適切に行う事が大切です。

身分証明書としては免許証や健康保険証や住民基本台帳カードが利用できます。外国の方がパスポートや外国人登録証等も利用できます。


カードローンの審査が通る方法!?

カードローンを利用するにあたって心配される点は、審査が通るかどうかという点です。

スムーズに通れるようにするためには、コツがあります。

まず、どんなカードローン会社があるのか、インターネットで調べてみることをお勧めします。
各会社には特徴があるはずです。

即日振込というところもあれば、専業主婦やフリーターなども手軽に申し込みができるというところもあります。

このような特徴を元に、審査が通りやすいと言われているカードローン会社を探せばいいのです。
比較サイトなどを参考にすると、通りやすい会社を簡単に調べることができます。

比較的、通りやすいと言われている会社はインターネットで申し込みができるところです。
そして、即日振込可能となっているところもお勧めと言えます。

迅速に対応してくれるところは、審査に時間をかけることがありません。
だからこそ、簡単に通りやすいというわけです。

また、これまで特に完済できなかったということがなければ、ブラックリストに載ることもありません。
普通に会社勤めをしていれば、問題なく通ることができるはずです。

サラリーマンやOLなどは、あまり気負うことなく、カードローンの申し込みをすることをお勧めします。
最近の審査は割と緩和されているので、通るはずです。